エブリィワゴン|イレクターパイプとワイヤーネットでルーフラック自作!

イレクターパイプの車内ルーフラック自作お役立ち、DIY

じつは、以前にもイレクターパイプを使ったネットラックを自作しましたが・・・

デメリットが2点

走行中は落ちる、基本荷物乗せられない
徐々にたるんでくる

 

最近は面倒なのでネットラックを外していましたが、

やっぱり車内空間が狭くなる・・・

っていう事で、

今回は、イレクターパイプとワイヤーネットを使った、
車内ルーフラックを自作しました。

DIY初心者すぎる僕もできましたので、

シェアさせていただきます。

この記事はこのような悩み方にオススメです。

 

ネットラックがたるんで車内空間が狭くなる
走行中に荷物が落ちてしまう
常時収納できる車内ルーフラックを自作したい


商品の品番、作業手順、作業時間、総費用をご紹介しています。

頑丈な車内のルーフラックを自作されたい方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

イレクターパイプとワイヤーネットのルーフラック|品番、費用

イレクターパイプのルーフラックの総費用

・イレクターパイプ(H1200 SBL):Φ28(直径28ミリ)、120㎝×2本⇒1,056円
・イレクタージョイント(棚受け)×4個:(J- 123 SBL)⇒88円×3、島忠98円×1
・ワイヤーネット900×450:598円
・結束バンド:110円
合計金額⇒2,126円税込
イレクタージョイント(棚受け)は、カインズで在庫が3個のみなので、ホームセンター島忠で1個購入。
島忠の方が10円高かったです。面倒な方はアマゾンでも購入可能です。

▼今回の材料一覧です▼

矢崎化工 Φ28 イレクターパイプ 1200mm  H-1200 S BL(アマゾン)

矢崎化工 Φ28 イレクター プラスチックジョイント ブラック J-123 S BL(アマゾン)

※ワイヤーネットはアマゾンで3,000円以上するものばかりなので、
ワイヤーネットや結束バンドはカインズや100均で買うのをオススメします。

 

 

まずは、イレクターパイプのカットから

イレクターパイプをカット

1200⇒1010にカットしたイレクターパイプ

1200長さのイレクターパイプを1010にカットします。
自宅に工具がないため、カインズ工房で作業してきました。

 

パイプカッター

パイプカッター|工具が持ってなくてもDIYできる

はじめは、軽めに工具をクルクル回して切断する部分に線ができたら、
徐々に締め付けてクルクル回します。

回すのはパイプじゃなくて、パイプカッターグルグル回します。
簡単にパイプは切断できます。

 

パイプカッターでイレクターパイプをカットした断面

パイプカッターでイレクターパイプをカットした断面

カットした断面は、鋭いのでヤスリで軽く削ります。

 

カインズ工房

カインズの会員になれば無料で使用可能です。

カインズ会員であれば、
カインズ工房で作業場や工具も無料で貸し出し可能です。
会員は数分で登録できます。※無料

スポンサーリンク

 

イレクターパイプにジョイントを設置

イレクターパイプにジョイントを設置
切断したイレクターパイプに、
ジョイントJ- 123 SBLを4つはめ込みます。

 

イレクターパイプに設置
はめ込みましたら、以前作ったイレクターパイプにドッキングします。

 

イレクターパイプ
↑以前作ったルーフバーはこちら↑

まだ、イレクターパイプを設置されていない方は、

エブリィワゴンルーフバー自作|イレクターパイプでネットラックを設置

をご参照してください。

 

メッシュパネルを設置(ワイヤーネット)

メッシュパネル
ワイヤーネットは横幅は900mmであれば、奥行450mm以上でも問題ありません。

奥行600mmと迷いましたが、ある程度車内空間を広くしたいので、450mmを選びました。

先ほどドッキングしたイレクターパイプに、ワイヤーネットを結束バンドで設置していきます。

 

メッシュパネル
まずは、真ん中から結束バンドを仮止めします。

 

ポイント
ワイヤーネットはイレクターパイプの下側にセットして結束バンドで固定してください。
下側に設置することで、イレクターパイプが荷物の落下を防ぎます。

メッシュパネル
真ん中の結束バンドを仮止めしたら、両端を仮止めします。
ワイヤーネットを真ん中にした状態で本締めします。

 

メッシュパネル
反対側も同じやり方で行い、両側しっかり締めると、
頑丈に設置完了。

イレクターパイプの下側にネットを設置したので、
イレクターパイプが荷物落下ストッパーの役目をしてくれます。

※懸念していた、走行中のガタガタ音はしません。

スポンサーリンク

 

完成がこちら

ルーフラック完成
収納スペースは、高さ約7㎝、幅約90㎝強、奥行45㎝となります。
思った以上に収納ができました。

 

ルーフネット完成
寝具、枕、その他小物入れも置けます。
走行中でもこの状態をキープできるので、常時収納は嬉しいです。

 

ルーフネット完成
後部窓の視界は邪魔しません。

 

ルーフネット
寝具の他、まくらや小物入れなども収納できました。

 

ルーフネット
ワイヤーネット下に座面高(18㎝)のソファーに座ると、頭が当たります。
ソファーなしであぐらであれば、ワイヤーネット下に座っても問題ありません。

 

以前の車内ルーフネットはこんな感じ

ルーフバーDIY
何も荷物を置かない状態でのビジュアルはいい感じですが・・・
いざ、寝具や枕など入れてみると・・・・

 

たるんだネットラック
リアルがこちらになります。
収納はできますが、かなり不安定です。
見栄えも良くないです。

 

たるんだネットラック
こちらの車内収納ネットはダイソーの330円の商品になります。
素材はしっかりしていますが、サイズが75×53と小さ目。

限界までネットを引っ張り縛って固定したつもりでも、真ん中のネットの部分はたるんだまま・・・

走行中はグワングワン上下左右に揺れて、必ず中身が飛び出します。
走行中は気になってストレスになるので、荷物は載せませんでした。

 

たるんだネットラック
ガッチガチに限界まで引っ張って締め付けても、肝心な中心部分のネットが何やってもたるみます。
車内収納ネットは、走行中に意外と揺れているので、常時収納は難しいのがデメリットでした。

スポンサーリンク

 

作業時間

メッシュパネル
作業時間は、DIY初心者すぎる僕でも、約40分くらいで完成しました。

一番時間かかったのは、パイプカット。
1本辺り10分弱でした。

慣れている方は、総作業時間30分程度でできると思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

ルーフネット
今回のワイヤーネットを使ったルーフラックは大成功でした。
もう設置して半年以上経ちましたが、不具合も全くなく、常時荷物も置けて安定しています。
しっかり収納できるので、車内空間も広くなり、車中泊も快適になりました。

追記:車中泊時、布団セットした際は、スペース開くので一時的な荷物置き場としても大活躍
結束バンドも切れることなく丈夫です。設置して大正解!

メッシュパネル
収納スペースは、エブリィワゴンハイルーフになりますが、

高さ約7㎝、幅90㎝強、奥行45㎝

これだけでも結構収納できます。
もっと収納したい方はネットラックをもっと大きめのを購入すれば全く問題ありません。

DIY初心者すぎる僕もできましたので、
誰でも簡単にできると思います。

コスパも最高なDIYです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ
にほんブログ村
ポチって押して頂くと励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました